夏のイベント出店情報更新しました!

夏のイベント情報を続々更新中です!
こちらのページでチェックしてくださいね!

2010年6月25日

果てしないセラードと生命の楽園パンタナール 中西部

今回は、セラードと呼ばれるブラジル高原中央部のサバンナ原野と、パラグアイ、ボリビアとの国境に接する内陸部に広がるパンタナール大湿原に属する地域、中西部をご紹介します。


中西部は上の地図の黄色い部分で、首都ブラジリア、マット・グロッソ州、マット・グロッソ・ド・スル州、ゴイアス州の3州が位置します。


ゴイアス州のヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園は世界最古の多様な熱帯生態系を育み、セラード保護区として世界遺産に指定されています。年中高温で年間降水量は少なく、セラード特有の生態系を見ることができます。

Chapada dos Veadeiros
-ヴェアデイロス国立公園-



Emas National Parks
- エマス国立公園 -





マット・グロッソ州とマット・ド・スル州にはエコツアーでも有名なパンタナール大湿原が広がります。





日本の本州とほぼ同じ面積の海抜80mから150mの広大な盆地状の低地、パンタナール大湿原の大部分はブラジルのマット・グロッソ州とマットグロッソ・ ド・スル州に位置し、年間平均気温は24から25度で、12から2月は雨期で増水し川が氾濫するので、乾期で大湿原が出現する6月中旬から10月ごろが旅 のベストシーズンです。

北パンタナールはマット・グロッソ州の州都クイアバが入口で、パンタナール横断道路を車で湿原の奥へと入り湿原内のロッジに滞在し、南パンタナールはマッ ト・グロッソ・ド・スル州の州都カンポ・グランジやコルンバを観光の拠点とし、牧場で経営しているロッジに泊まります。サファリカー、ボート、乗馬、ト レッキング、釣り、バードウォッチング、ナイトサファリなどのエコツアーが楽しめ、様々な野鳥、ワニや珍獣カピバラも見られます。地球上に現存する最も大 きな野生生態系の一つとして世界遺産に指定されており、まさに生命の楽園です。

他にも、釣りや、透明な川の中でたくさんの魚を見ながらシュノーケリングを楽しめるボニートが人気です。
南北パンタナールは空港からの公共交通機関が発達していたいため、空港送迎付きのツアーに参加することになります。2泊3日はみて滞在したいものです。時差は、サンパウロより1時間遅れです。


人気者のカピバラ

 1960年にリオ・デ・ジャネイロから遷都されたブラジルの首都ブラジリアは、ブラジル高原中央部の未開の大地に建設された世界最大の計画都市で、ブラ

ル建築界の巨匠、オスカー・ニーマイヤーとその師ルシオ・コスタによって設計されました。建築、デザインに興味のある方は是非訪れたい場所です。各地から
の直行便があり、サンパウロ、リオから約1時間半。シティツアーを利用して半日で観光することができます。