夏のイベント出店情報更新しました!

夏のイベント情報を続々更新中です!
こちらのページでチェックしてくださいね!

2010年6月17日

ヨーロッパ文化が色濃い 南部

今回はこの地図の一番下の水色の部分、南部についてご紹介します。




リオ・デ・ジャネイロ州よりさらに南に位置する3州、パラナ州、サンタ・カタリーナ州、リオ・グランデ・ド・スル州が位置する南部は、北はブラジル高原の一部で、年中高温で乾期がはっきりしていて、南へ行くほど涼しくなり、乾期はなく、雪が降ることもあります。


南部最大の見どころは、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ3カ国の国境に位置する世界三大瀑布の1つイグアスの滝です。最大落差80メートル、滝幅 4km、大小300もの滝でできており、その迫力に圧倒されます。イグアス川をはさんでブラジルとアルゼンチンの両側にある国立公園から観光することがで き、アルゼンチン側の悪魔の喉笛は見逃せません。ブラジル側の国立公園内にある唯一のホテル、ホテル・ダス・カタラタスでは滝の目の前に宿泊し快適にイグ アス観光を満喫できます。一年中観光に適し、水量が増す8月から12月がベストシーズンです。パラナ州のフォス・ド・イグアスまでサンパウロから1時間 半、リオから2時間強で直行便があります。


ドイツやイタリア、ポーランドなどヨーロッパ系移民が多い南部では、白人が多く、街並みもヨーロッパ的です。一般的なイメージとは違ったブラジルを楽しめ ます。ドイツ系移民を中心地として発展したサンタ・カタリーナ州のブルメナウでは本国ドイツ同様に10月にはビール祭であるオクトーバーフェストが盛大に 行われます。南部地方最大の都市パラナ州の州都クリチバは人間中心の街づくりをめざし、公共交通を充実させ自動車を排除した街づくりを目指した計画都市 で、南米でもっとも清潔で美しい街と言われています。


ロナウジーニョをはじめとする数多くのサッカー選手を輩出しているブラジル最南部のリオグランデ・ド・スル州はガウーショ(牧童)文化が息づき、ブラジルを代表する料理、シュラスコの発祥の地でもあります。

南部のリゾートとしてはサンタ・カタリーナ州の州都フロリアノポリスが人気です。大小100以上のビーチと美しい湖があり、海の幸も堪能できます。治安も良く、ブラジル国内はもとより近隣諸国からも観光客が大勢訪れます。